<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 干したり 漬けたり | main | 夏の日々 >>
空色のやかん
ここしばらく急須を探しています。
今使っているものは大きさはたっぷり入るので
良いのですが、洗う時に口が狭くて洗いにくいのです・・
でもビビビとくる物がまだなくて
いつのまにか急須でなくてやかんを買ってました^^;

野田琺瑯さんのポトル。
大きさもかわいいし、なんといってもこの色。
いつもなら白か黒を選ぶところですが
空色というネーミングにも惹かれてこの色にしました。
雑然としたキッチンの中でこの空色がいい感じです。


私ってこの色が好きだったんだな〜としみじみ。
そして本屋さんでこの本を買いました。
どちらも空色つながりで。

『そらいろのたね』は前々から買いたかった本。
なんとなくこの話が好きだったという記憶があって
kantoにも読んであげたいな〜と思いました。
なにがたまらなかったのか、たぶん土から家が生えるというところ。
その家がどんどん大きくなっていく姿にわくわくしたのかな〜・・

そしてもう1冊が『パンやのくまさん』。
これはもう絵がかわいい。
そして空色の表紙。
kantoにというより自分にかな。

そして今考えているのはkantoの椅子を空色に塗ろうかな〜ということ。
いいかもしれない・・・^^



フィービ ウォージントン,セルビ ウォージントン

スポンサーサイト
COMMENT









↓お買い物&インテリアブログ